肌,悩み,化粧品

年齢を重ねるごとに増えていくお肌の悩みやっぱり高い化粧品を使わなきゃだめなのか

10代の頃は、ドラッグストアで数百円の化粧水しか使っていなくても、乾燥も気にならなし、当然シワも出てこなかったし、シミもそんなに濃くは出ませんでした。日焼けしてもすぐに肌の色も戻っていて、お肌に関するお悩みといえば、たまにできる思春期ニキビだけでした。そんな日々が懐かしく思います。年齢を重ねるごとに、日焼けした肌がなかなか戻らなかったり、頬のシミが目立ってきたり、保湿化粧水や乳液を使用しても、朝起きると肌がカサカサになっていたり、最近は目元のシワが気になり始めました。まだ20代だからと安心していましたが、そんな私ももうすぐ30歳です。未だに化粧水も乳液も、洗顔ももちろんファンデーションだって、ドラッグストアの安物で済ませてしまっています。めんどくさくて美容液も使用したことはありません。しかし、肌のトラブルがこうも立て続けに起こっては、がまんできなくなりました。初めて百貨店の化粧品カウンターに行ってみたのです。肌診断を受けて、美容部員さんお勧めの高めのお値段の美容液を購入してみたのです。まだ使い始めて一週間ですが、既に効果を感じ始めています。一番すごいのはうるおいの持続時間です。やはりお化粧品にはお金をかけないといけないのですね。