反対咬合と言われました。

4歳の娘が歯科検診で噛み合わせが悪いと言われました。反対咬合と言うらしく、イーの口をした時に下の歯が上の歯より前にでるんです。様子を見ましょうと言われてからずっと気になっていました。七五三の写真を見てもニッコリ笑っている下の歯が気になってしまうんです。
フッ素を塗りに近所の歯医者に行ったら、噛み合わせは早く治さないと骨格が変形すると書いてある、凄く顎がしゃくれた人のポスターが貼ってありました。女の子なので歯並びだけは貯金を叩いてでも治してあげたいと思い歯医者さんに色々と聞いてみました。マウスピースみたいなものを嵌めて矯正するんだそうです。気持ち悪そうで娘がちゃんと嵌めてくれるとは思えませんでした。
まだ大人の歯に生え変わった時に自然に治る可能性もあると言われたので、結局、様子をみることにしたんです。ポスターの例はよっぽど激しい反対咬合の人だそうで、うちの子くらいならそんなに気にしなくていいですよと言ってくれました。
歯科検診の度に注意をされるのに、ただ手をこまねいて何もしないと言うのは辛いです。
インターネットで調べてみると、皆さん歯磨きの度に上顎を引っ張っているとかアイスの棒を噛ませると良いとか色々と治す努力をしていることが書いてありました。
とりあえず私も上顎を軽く引っ張ってみようと思います。何かをしてあげるだけでちょっと安心できるものですよね。